東京脱出記~上田移住編~

vol.1 通勤徒歩15分は同情の対象?

2014.6.19 NishinobuYoshimasa


01

普段の会話で通勤の話が出るとする。
そこで私が「家から会社まで歩いて15分ぐらいですよ。」なんて答えると、
「遠いね」「大変だね」「なんでそんなとこ借りたの?」そんなリアクションが帰ってくる。
その語調には同情や憐憫のトーンがわずかに含まれている。

自宅から徒歩15分通勤はかわいそうなのか??
東京で働いていた感覚で言うとむしろ天国に感じる。

東京の場合、家から駅まで歩いて10分、電車で立つこと30分。
さらに駅を出て会社まで徒歩10分の計50分となる。

ところが上田だと家から会社まで徒歩15分ぽっきり。
どう考えても天国だ。なぜ同情されるのか納得がいかない。

ということでほぼ半径1キロの円を渋谷と上田に置いた図で検討してみた。

02

上田の幸村公前から15分歩けば、スーパーの名店ツルヤ上田中央店あたりまで来る。
渋谷のハチ公前から15分歩けば表参道ヒルズや、代官山ツタヤあたりまで来る。
徒歩15分と言えば実際その程度の距離でしかない。

いや、東京に置き換えると大分歩いている感じがしてきた。
そうなると私は結構歩いていたのか。

車社会に迷い込んだあわれな徒歩通勤者。
そんな眼で上田市民が私を見るのも当然なのかもしれない…

車が欲しいです。

今回の教訓
「地方で10分以上歩く奴は変わり物(散歩を除く)」